改良工事のタイミング

Pocket

たとえば分譲マンションのエントランスのオートロックの場合、経年劣化に因るシステム全体の交換工事となれば、管理組合が積み立てている管理費を充当する流れとなるのが一般的です。当然理事会での承認が必要となり、管理会社はオートロックの不調をいち早く的確に把握から、早目の見積もり作業と管理組合への状況報告など、先手を打つ形での準備が求められます。同時に利用者である居住者側も、不具合を速やかに報告から、然るべき対応を要求するなど、1人1人が安全確保に対する意識を、具体的に言動を通じて「表す」姿勢が大切です。

また見積もりを含めた諸対応を打診する業者の選択も重要です。システム自体が完全にダウンすなわち壊れた状態に至るには、一般的には十年以上の年月の酷使が視野に入ります。システム全体の入れ替え工事に際しては、施工当時の業者へのダイレクトな一報のみならず、より納得価格で確かな性能を誇るシステムを確実に装着してくれる、その時点でベストと判断される業者の選択作業も不可欠です。特に管理業者の担当者各位は、こうした有事のシミュレーションを怠らず、トラブル時に即連絡するに値する専門業者をキープしておく下準備を通じ、居住者各位との相互信頼関係をより強固にしておく努力が求められます。

 

運営者